待遇を変えずに職場を変える方法

女性が仕事をしていると、男性にはない苦労をすることになることは少なくありません。その代表的なものといえばセクハラです。できれば職場の人とは円滑にやっていきたいため、軽度なうちは我慢することができるかもしれません。しかし、嫌な行為をする人はだんだんエスカレートさせてしまいがちであり、我慢しきれない状況が生まれてきてしまうのは珍しいことではありません。

状況が悪化している場合には、我慢の限界に到達してしまう前に対処することが精神衛生上良い判断になります。人間関係によるトラブルの解決は難しいものであり、職場を変えるというのが最も確実で効果的な手段なのです。そのときに必然的に転職活動をしなければなりませんが、女性の場合には新たに職を獲得できるかどうかが男性以上に気にかかってしまうものです。特に育児中の方であれば、企業側が躊躇してしまうことも多いものです。また、会社で嫌な目に合ってしまったことトラウマになり、不安になって足踏みしてしまうことも珍しいことではないでしょう。転職先は、いざ入ってみないとどんな場所かわからないものです。

嫌な理由で会社をやめてしまうと、転職活動にもなかなか身が入らないものです。そうならないために、異動を考えてみるというのも有用な対処方法になります。異動希望を出せば仕事の内容を大きく変えず、待遇も同じままで職場を変えることが可能です。明確な理由がないと希望が難しい場合もありますが、一度カウンセラーに相談してその事実を示す書類を準備してもらうと円滑に異動を進められる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です